トップ >業務内容 >送出技術部

送出技術部

番組制作から編集、回線運用、マスター送出まで放送局の技術業務をトータルサポート

送出技術部は、「送出運行」「制作運行」「報道技術」「編集」「デジタルコンテンツ」グループで構成されています。マスターを中心に番組制作まで、専門技術力を活かし、放送局として必要な全ての仕事を行っています。

国際運行マスター室
国際放送テレビスタジオ

送出運行

送出運行の仕事は、NHKの地上波とBS放送、並びに海外向け国際放送の番組制作と送出マスター業務などを行っています。BS放送では、最先端技術の4K8K放送のマスター業務も担っています。国際放送は、海外在留邦人向けにニュースや娯楽番組を提供しており、諸外国に対して日本の伝統と文化を伝える番組を、通信衛星を介したテレビ放送と短波を使用したラジオ放送により、全世界へ発信しています。
また、ラジオ第一放送のキーステーションであるラジオセンターのミキシング業務も担当しています。

マスター業務
2ヶ国語音声制作用の音声ブース
2ヶ国語音声制作用の音声ブース
CUスタジオ
CUスタジオ

制作運行

制作運行の仕事は、オリンピックやW杯サッカーを代表とするスポーツ番組を送出するスタジオ業務を行っています。プロ野球やサッカー、大相撲など、国内外の回線で送られてくる中継映像と音声信号を専用スタジオに取り込み、テロップやスロー、ハイライト映像などを付加して、一つの番組として完成させます。具体的には、スイッチャーや音声のほか、照明、カメラと幅広く手掛け、多くの知識を必要とする職場です。その他、番組スポットの制作や、情報番組の生放送の仕事もしています。

CUスタジオ業務
ニュースセンター
ニュースセンター副調整室
回線センター
回線センター

報道技術

報道技術の仕事は、1日24時間世界情勢が刻々と変化する中で、常に正確なニュースを視聴者の方々へ届けるため、番組送出に関わるTD(スイッチャー)、音声、カメラ、照明の技術業務が主な仕事です。また、国内外で発生した事件事故、スポーツやイベント会場から送られてくる中継映像と音声を通信衛星や光ファイバー、IP伝送技術を駆使して、スタジオや関係部署に信号を送り届ける中継基地的な役割を果たす回線運用業務も行っています。

ニュースセンター業務 回送センター業務
編集作業
編集作業
編集作業
編集作業

編集

編集の仕事は、ドラマやドキュメンタリーなどスタジオ収録と屋外ロケをした映音素材をもとに、放送前パッケージに仕上げる業務をしています。カット割り毎に編集し、クリエイティブな映像加工や色補正、テロップ付加などの作業で、ディレクターと共に、より高いクオリティーを追及しながら制作しており、NHKの人気番組を数多く手掛けています。

編集業務 4K編集業務

デジタルコンテンツ

デジタルコンテンツの仕事は、ニュース、気象、番組情報などNHKで提供しているデータ放送コンテンツの事前検証・登録・OA監視などの業務を行っています。より質の高いコンテンツを提供するために、NHKのガイドラインに沿ってプログラムが適切に書かれているか確認し、各社受信機で動作チェックを行っています。視聴者参加型の双方向番組の生放送対応や、大型スポーツイベントなどのストリーミング配信監視業務も行っています。